TEL:0120-157-921(平日10-17時)

deaafettoバスローブ通販専門店アフェット

ひろこの部屋vol.19 バスローブはドラム式で硬くなる!?

2018.01.18

ひろこの部屋vol.19 バスローブはドラム式で硬くなる? (2017年8月26日配信)

こんばんは、affetto.店長の大角です。

先週のメルマガでは、雨ばかりですね〜なんて書いてましたが、
打って変わって今週の東京はものすごく暑かったです。
急に夏が戻ってきた感じです。
こうなると、バスローブも乾きやすいのでいいですね^^

今日はお客様から頂くお問い合わせで多い、
ドラム式の洗濯機で洗うとバスローブが硬くなるのか?を書いていこうと思います。

結論から言うと、ドラム式の洗濯機はバスローブやタオルが硬くなります。
従来の洗濯機はたっぷりの水で洗いますが、
ドラム式はドラムを回転させて洗濯物を上から下へたたきつけて、その衝撃で汚れを落としてきれいにする「たたき洗い」です。
そのため繊維がペタンこに潰れて硬くなってしまいます。

タオル製品は特に、パイルが叩かれて潰れた状態になっているので
非常に硬くバリバリした肌触りになってしまいます。

私の自宅は従来の水で洗う対応の洗濯機なのですが、
乾燥まで一気にできるドラム式はいいな〜なんて憧れていました。
けど、タオル地のふんわり感が損なわれてしまうのは、
タオル地をこよなく愛する私としてはとっても残念なこと。。。
ドラム式洗濯機の解決策としては、水量をMAXにして洗うこと。
そうしたら、まだふんわり感は損なわれにくいのだとか。

そして干すときにバサバサして、パイルを立たせて空気を入れるようにすると、
少しふんわりさが復活します。
以外と困っている方が多いようなので、メルマガにまとめてみました!

 

それでは、また来週。

follow me
ファイスブック インスタ pinterest メルマガ 友だち追加