TEL:0120-157-921(平日10-17時)

deaafettoバスローブ通販専門店アフェット

白のバスローブ

2018.09.01

バスローブと言えば、真っ白なバスローブを思い浮かべることが多いと思います。

バスローブの定番ですね。ホテルでも白のバスローブが多く使用されています。白のバスローブはメリットが沢山あります。ここでは白のバスローブについて詳しくお話していきます。

白のバスローブ

 

1.白のバスローブのメリット・デメリット

2.白のバスローブが汚れてしまったら

3.白のバスローブが出来るまで

4.白のおすすめバスローブ

 

1.白のバスローブのメリット・デメリット

真っ白でふわふわのバスローブは着るだけで贅沢な気分になれます。

<白のバスローブのメリット>

・ホコリが目立たない

・汚れても漂白ができる

・清潔感がある

黒など色の濃い色のバスローブはホコリやペットの毛が目立ちやすいです。ペットを飼っている方は白や薄い色がオススメです。

 

<白のバスローブのデメリット>

・汚れが目立ちやすい

(私も朝の身支度の際に、コーヒーやファンデーションをこぼしてしまったことがあります…)

・襟元や袖口など変色の恐れあり

長年愛用しているシャツは襟元や袖口が黄色く変色してくる場合がありますが、バスローブでも同様のことがあります。変色してきてしまったら、部分洗い用の洗剤で手洗いしましょう。それでもダメなら短時間の部分漂白をしてください。キレイにもと通り!(ただ、絶対に白以外は漂白しないでくださいね。色が抜けてしまいます…)

私は以前、ハンガーで変色させてしまったことがありました。

白いバスローブを木のハンガーにかけていたのですが、洗濯して濡れた状態のバスローブをいつも木のハンガーにかけていたため、襟元に木の色がうつって変色してしまいました。

ハンガーによっては、もちろん木のハンガーでも変色しないと思いますが、念のためご注意ください。

この時は、部分洗い用の洗剤で手洗いしたらキレイに落ちました。

 

色の効果でいうと白(ホワイト)は、神聖な色とされています。ウェディングドレスが白であるように,処女性や純白を表します。

また白は汚れが目立ちやすいので緊張感や警戒、完璧主義の側面を表すことがあります。

病院では清潔感を重視して白が多用されます。

「白紙に戻す」という言葉があるように、白は今の状態をクリアにし新スタートの時を迎える色でもあります。

 

2.白のバスローブが汚れてしまったら

襟元や袖口の汚れが目立てきたら、部分洗いをしましょう。ドラッグストアで売っている洗剤で大丈夫です。私はいつも部分洗い用のスプレー型の洗剤を襟元にシュッとして数分放置してから、手洗いをしています。大抵の汚れはこれで落ちます。

それでも落ちない、または全体が黄ばんできた?と思う時漂白をします。

一部分の時はお風呂でつけおき、全体の時はお洗濯の際に洗剤と一緒に投入。やっぱり真っ白なバスローブな気持ちがいいです。

 

3.白のバスローブが出来るまで

実は白のバスローブは、白に染めている場合がほとんどです。織りあがった直後のタオル生地は生成り色をしています。

染色される前の生成り色が、人間でいうとスッピンの状態。真っ白なタオルは、白くお化粧された状態なんです。

 

4.白のおすすめバスローブ

・女優バスローブ

定番の白のバスローブ。しっかりしたタオル地で使いやすいタイプです。バスローブと聞いみなさんが想像するのがこのタイプのバスローブかと思います。

女優バスローブ

 

・やわらかボタンバスローブ

軽いパイル素材でボタンがついた、お風呂上がりでもルームウェアとしても着られるバスローブです。

ボタンつきで脱ぎ着がしやすく授乳しやすいため、出産祝いにも多く選ばれています。

やわらかボタンバスローブ

 

レディースバスローブの一覧はこちら

メンズバスローブの一覧はこちら

follow me
ファイスブック インスタ pinterest メルマガ 友だち追加