TEL:0120-157-921(平日10-17時)

deaafettoバスローブ通販専門店アフェット

タオルの糸について(単糸・双糸・糸の撚り・番手 編)

2018.09.02

タオルの糸は様々な種類がありますが、今回は「単糸と双糸」と「番手」についてのお話です。

・単糸と双糸について

タオルのパイルのループ部分をみてみると、ねじってあるのがわかると思います。2本の糸をねじって1本の糸にしますが、このねじりを「撚り(より)」といいます。

1本の糸を撚ったものを「単糸(たんし)」、2本の糸を撚ったものを「双糸(そうし)」と言います。

一般家庭用には単糸(たんし)の方がよく使われる傾向があります。双糸(そうし)は業務用タオルに多く使用されています。業務用タオルはクリーニング業者が毎日強い戦場力の洗濯で洗うので、一般家庭用のタオルに比べてかなりの負荷がかかります。双糸(そうし)の方が単糸(たんし)に比べコストはかかりますが、互いの糸が絡み合って綿繊維が抜け落ちるのを防ぎます。単糸に比べけば落ちも少なく、摩耗による糸痩せもしにくいですが、吸水性が劣ります。撚りが強くなればなるほど、繊維同士の絡みが強く空洞がなくなり、水分を吸収しにくくなります。

 

・甘撚りの糸について

ゆるくねじっている糸を甘撚り(あまより)といいます。肌触りがやわらかく日常使いのタオルで人気が高まっています。ただ、撚りが甘いということは、洗濯の際に多少のけば落ちもあります。

甘撚り(あまより)で作られたバスローブはこちら。

エアリーバスローブ

エアリーバスローブ

やわらかボタンバスローブ

やわらかボタンバスローブ

 

・無撚糸につて

近年流行りの流行りの無撚糸(むねんし)、非常にやらわかいソフトは肌触りです。雲やわたあめのような柔らかさと例えられることも多いタオルです。触った時の気持ち良さからファンも多いのですが、甘撚りの糸よりも抜けやすいので、他のものと一緒にお洗濯をすると糸が付着してしまう可能性があります。他のものと分けてのお洗濯が、ネットに入れてのお洗濯をオススメします。

無撚糸(むねんし)で作られたバスローブはこちら。

カーディガンローブ

カーディガンローブ

・中空糸について

中空糸とは糸の中心が空洞になった糸のことを言います。中空糸で作られたタオル製品は見た目よりも軽いのが特徴です。糸の密度が少ないので、乾きやすい特徴もあります。

 

・糸の番手について

番手とは糸の太さの単位です。数字が大きくなればなるほど、糸は細くなります。(逆に覚えてしまっている方も多いです)

10番手から200番手くらいまでが可能と言われています。ちなみに、普通地用のミシン糸は60番手です。

タオルは20番手から60番手で作られることが多く、Tシャツもこの太さの糸がもっとも多いです。

20番手は一般的なタオルに使用されます。繰り返し洗濯してもくたっとならない丈夫さがあります。

高級なタオルは40番手より細い糸で作られます。

余談ですが、20番手の単糸のことを(にまるたん)と呼びます。40番手の双糸だと(よんまるそう)と言います。

 

糸の番手を見てタオルを選ぶことは私たちでも滅多にありませんが、豆知識として覚えておくとどこかで糸の番手を見たときにとても興味深くなりますよ。

 

(文・大角浩子)

follow me
ファイスブック インスタ pinterest メルマガ 友だち追加