TEL:0120-157-921(平日10-17時)

deaafettoバスローブ通販専門店アフェット

ベビママLife Vol.14「出産方法で子供の愛情が変わる?!

2018.02.01

ベビママLife ~子育てママのちょっと息抜きタイム~ Vol.14「出産方法で子供の愛情が変わる?!」 (2018年1月31日配信)

こんにちは!! affetto.スタッフの赤野です。
だいぶご無沙汰になってしまいました・・。
早いもので1月も終わりですね。

さて本日のベビママLifeは「出産方法で子供の愛情が変わる?!」をお届けします。
前回出産方法は違えど子供をお腹で育て、産む事になんら変わりはありません。と少しお話させていただきました。

その事を考えさせられたのが昨年放送されていたドラマ「コウノドリ」です。
ご覧になった方も多いかと思いますが、産婦人科を舞台にしたドラマです。
その中の1話で1人目を帝王切開で出産したものの、育児に苦戦しストレスを抱える中、
2人目を妊娠し、「上の子は帝王切開で出産でしたから愛情が持てないんだ。」
「2人目は自然分娩で出産すれば愛情が持てる。」というものでした。

このお母さん、子供に愛情が持てないと感じるのはワンオペ育児、そしてその辛さを吐き出す場が無く自分を責めていたんです。

私は自然分娩で出産しましましたが、苦しい妊婦生活を経て大変な出産乗り越えたところで、ちょっとゴールした気分でいました(^^;)
でも言わずもがなこれはスタート。ここからワンオペ育児、慣れない育児と睡眠不足やらで正直3~4ヶ月は「子供が可愛くて仕方がない!!」とは思えませんでした。
思えないというより、思う余裕が無かったです。
それが、笑えるようになり、ハイハイができるようになり・・成長するにつれて愛情もどんどん出てきました。
産まれたてより若干心に余裕も出てきましたが、まだまだ大変です。

でも子育てで上手くいかないと、何かのせいにしたくなってしまうんですよね・・。
それが今回の出産方法だったり、自分いけなかったんじゃないかとどんどん追い込まれていってしまうんじゃないかと思いました。
世のお母さん達の多くが体験する事なんじゃないかと思います。

帝王切開は「楽」というイメージをもたれがちですが、良く考えてください・・
お腹切開するんですよ・・どんなに不安で痛い事でしょう・・。
もっと言えば自然分娩で出産しても子供に暴力を振るってしまうお母さんもいるんです。

どんな出産方法だったとしてもお母さんはまさに「命懸け」です。
だから出産方法で子供への愛情、子育ては計れません。

子育ての悩みや、疲れはつきませんが、頑張りましょうママ!!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました^^
赤ちゃんとママがHappyな日々を送れますように・・☆

 

follow me
ファイスブック インスタ pinterest メルマガ 友だち追加