色の持つパワー 9.紫(パープル)

先日から発売を開始しているチャクラアロマスプレー。

全10色のそれぞれが持つ色のパワーについてお話ししていこうと思います。

 

色に不思議な効果があります。

色はその時の精神と深く関わりがあります。気分を落ち着かせたり、パワフルになるのに一押しもしてくれます。金運には黄色がいいとか、リラックスには緑というのは聞いたことがある方も多いと思います。

なんだか気分が乗らないな、ちょっと体調がよくないかも?という時も色は助けてくれます。

 

本日は紫(パープル・バイオレット)です。

チャクラアロマスプレー・バイオレット(瞑想)

 

赤紫から青紫まで幅色い色の層がありますが、赤と青が混ざった色です。

感性を研ぎ澄ませインスピレーションが湧く色とされることも多く、神の色とも言われています。

「高貴」や「神秘」という言葉が似合うのが紫です。

 

【紫の心理的効果】

 

・催眠効果がある

・心と身体の回復を促す

・勘を鋭くする

・想像力をかき立て感性を豊かにする

・緊張や不安を癒し穏やかな気分を与える

・性的なものを感じさせる

五感の中では触感と感覚が近いカラーです。

神聖なカラーで、スピリチュアル、第六感の色とも言われます。

 

【紫のイメージ】

良いイメージ:神秘、高貴、優雅、感性、官能

悪いイメージ:不安定、下品、孤独

 

【紫の身体への影響】

冷静と情熱を合わせた不思議な力を持つ色で、全てを統括する王様や貴族などに用いられてきました。古代ローマ帝国では最高権力者のみ使うことが許された色です。

・オーラの紫、名誉、至福の精神、超属性、霊性、自尊心を表します。

・神経の鎮静。ストレスで疲労しきった人には、もつれた意図を解きほぐす効果があると言われています。

・肺、原因不明の発熱、硬結、精神性疾患、糖尿病などに有効。

 

【チャクラ:第七チャクラ】

頭頂部にあるチャクラで、あらゆるものの愛とつながるチャクラです。

第四チャクラの無償の愛とは違い、今ここに存在するもの全てを認める、というものです。第七チャクラのバランスが取れている場合は高次のもの(宇宙や天上界)と繋がります。

 

(画像:pinterestより)